ABEイニシアティブ説明会とネットワーキング/神戸・福岡

JICAが運営するABEイニシアティブは昨年9月に第4バッチ生が来日し、その後今年3月に東京であるアフリカビジネスネットワーキングフェアに向けて、全国主要都市でABEイニシアティブの説明会とその周辺地域の大学に在学する研修生とのネットワーキングが開催されています。

弊社のABEイニシアティブ歴をお伝えすると、2016年6月に企業登録をし、まずは近隣の広島大学に在学する研修生(第2バッチ生)からコンタクトし交流を始めました。本格的な活動は第3バッチ生からとなり、昨年1年間を通じてABEイニシアティブの活動に参加してみました。それなりの成果が得られていると感じていることから、第4バッチ生に対しても積極的に活動をしています。

昨年11月20日、神戸のアフリカビジネス研究会および企業ブース出展とネットワーキングを皮切りに、昨日(1月18日)は福岡のABEイニシアティブ説明会とネットワーキングに参加してきました。

IMG_5223
神戸でのブース出展
IMG_5508
福岡にて佐賀大学で農学を学ぶガーナ(右)とモザンビーク(左)の研修生と

 

地方都市広島を拠点に活動する弊社としては、時間と費用の点から西日本でのイベント開催は大変ありがたく、来年第5バッチ生の時はぜひ広島でも開催していただきたいと願っているところであります。

アフリカ諸国と日本およびアジアのビジネスの橋渡役を担うのが弊社のサービスなので、将来、現地パートナーになってくれる可能性のある研修生とのネットワーク作りは非常に重要だと考えています。このようなイベントはネットワーク作りのきっかけを与えてくれますが、その後の継続的なコミュニケーションと情報交換は信頼構築のために欠かせません。濃いコミュニケーションは対面でないと中々できないので、私の場合は普段緩くつながっておくのにSNSツールとしてFacebookとWhatsAAPを活用し、TPOに合わせてE-mailやSNSを使い分けています。

最後に、国際ビジネスを別の言葉で、Cross-Cultural Business(異文化ビジネス)ともいいます。お互いが通じ合うためにはまず言葉の壁を乗り越える必要がありますが、お互いの文化の違いを理解し、尊重する姿勢は必要かと思います。つまり、研修生は日本での生活を経験することで日本の文化を知りますが、我々日本人も研修生の国の文化を知ろうとする姿勢が大事ということです。文化交流は国際ビジネスの潤滑油です。

ということで、福岡での最後の締めはガーナの研修生からのお土産で終わりました。これも文化交流ですね(笑)

IMG_5510
ダワダワというガーナ北部地方の発酵調味料です。独特のにおいと糞のような見かけに躊躇!巷ではスープのだしにはMAGGIがよく使われていますが、MAGGIの代わりにダワダワを使うよう教えてくれました。

 

IMG_5512
100%ナチュラル、無添加のピーナッツバター。これは超嬉しかったです!パンにつけたり、ガーナの国民食、グランナッツスープに使います。
広告

アフリカ・ビジネス・ネットワーキング・フェアへ出展

3月24日にJICAが主催するアフリカ・ビジネス・ネットワーキング・フェアに出展しました。

日本政府の官民一体となってアフリカにおける強固で持続可能な経済成長を支援する政策、「ABEイニシアティブ」の活動の一環であり、ABEイニシアティブ登録企業と第3バッチABEイニシアティブの学生のネットワーク構築の足がかりを作る場として提供されました。弊社は昨年6月より企業登録をし、少しずつABEイニシアティブの学生との交流を持ち始めていましたが、今回のネットワーキング・フェアに出展することで、より多くの学生たちと交流を持つことができました。

今回、弊社にとってネットワーキング・フェアへの参加は初めてでしたが、昨年より交流させていただいていた環境事業や有機農業の促進を手掛ける日本ゼウス工業㈱様をお誘いし、共同でブースを出展させていただきました。

IMG_4158

IMG_4154

10時~16時30分まで、ありがたいことに、行列ができるほどに学生さんたちがブースを訪れてくださいました。言語はすべて英語です。できるだけ多くの学生さんたちと交流するために、短時間で要旨が伝わるプレゼンテーションを準備していましたが、それは何とか事なきを得、ネットワーキング・フェアは無事終了しました。ネットワーキング・フェアの成果は、その後のインターンシップ・プログラムにつながっていきます。

フェア後のフォローアップとして、弊社へインターンシップの希望を頂いたり、弊社からもインターンシップのオファーをしたりと、夏のインターンシップへ向けた取り組みが始まりました。その多くはフェアのブースで交流した学生さんたちが中心でしたが、ブースを訪れたにもかかわらず面談席が一杯だったためにフェアで交流できなかった学生さんともつながることができ、とても良いネットワーキングに展開していきました。