未だ終わらぬガーナ新内閣の組閣作業

ガーナでは今年の1月7日に新大統領の就任式が行われ丁度1ヵ月が経過しますが、新政権が発足して直ぐ1月10日にはアクフォド大統領より国務大臣の指名があったところまではよかったですが、実は未だに新内閣の組閣作業が完了していません。というのも、ガーナの憲法の規定で、国務大臣の指名は大統領が行うが、国民議会の承認を経なければ正式に就任できないことになっています。それで、先月より、国民議会では大統領が指名した36人の国務大臣候補者の承認のための審議が行われています。

http://citifmonline.com/2017/02/07/frimpong-boateng-ursula-owusu-4-others-approved/

2月7日の段階で31人の承認がされています。指名日から起算すると21日営業日あるので、単純に計算すると1日当たり1,48人が承認されています。あと5人ですが、早くて今週中か来週前半には全候補者の審議が終了するのか?先週、少数派の議員によって候補者の1人が否認されたようなので、場合によってはまだ時間がかかるかもしれませんね。

民間セクター同士の仕事ではそれほど影響はないかもしれませんが、政府を相手に仕事をしている場合、このようなタイミングでは商談のスピードが一時的に落ちたりすることもあります。ガーナ人にとっては通常のことで慣れているでしょうが、日本人にとっては苛立ちを感じることかもしれません。政府が充分機能し始めるまで暫しの辛抱が要ります。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中