どこの国も自国の力だけでは成長できない(後編)

アイプランニングの佐々木愛です。

私は3年前からアメリカ人パートナーのドナルドとともにガーナで事業を築き始めましたが、事業のために先ず50年分の鉱山の採掘権を得るという彼の発想は、最初は理解できませんでしたが、それは二人の50年ではなく、私たちの子世代に遺すことを含めた50年だとわかり、私も今はそのつもりで事業を捉えています。こんな感じでガーナという国と関わりをもち始めましたが、結構地道な取り組みです。

しかし、地道な活動が功を奏したのか、今年に入って、ドナルドがガーナ政府のコネクションから打診を受け、ガーナ政府の仕事のプロモーションと、ガーナ政府とアジア地域の企業との契約の仲介役をすることになりました。今までは事業主の立場でガーナと関わっていましたが、この仕事を引き受けてから、ガーナが国を成長させるために海外の技術をとても必要としていること、ガーナ政府がどんな分野の産業に投資しようとしているのか等、政府のパイプに直につながることで如実にわかるようになってきました。

ガーナのマハマ大統領のフェイスブックページをフォローしています。彼はアフリカでもっともフォローされている指導者の1人です。きのう(8月5日)の彼の投稿で「8月4日に、ガーナ共和国の40年に渡る長期国家開発計画の作成準備を行う国家開発委員会( National Development Planning Commission) の発足を祝う集会を行った」ことが報告されていました。短期的な政策でなく、腰を据えて国の開発に取り組みますよというゼスチャーです。

40年か・・・・私たちは50年ですので、始まりの時、グッドタイミングでガーナに来たのではないかと思います。同じ波に乗って行けば好い。

過去のブログ:ガーナの魅力・将来性

広告

どこの国も自国の力だけでは成長できない(前編)

アイプランニングの佐々木愛です。

きょうは広島の「原爆の日」です。今年で70周年を迎えます。広島県人の私は8月に入ると自然と「原爆の日」に意識が向きます。いつだったか忘れましたが、原爆で焼け野原と化した広島が、その後どのように復興を成し遂げ今に至っているのかを描いたマンガ本を読んだことがありました。その中で特に心に留まったのが、“100年先を見据えた都市計画”というものでした。

100年先というと少なくとも計画を策定した人たち、その子どもたちは亡くなっていて、孫、曾孫の時代です。なので100年の中には成長ステージがあります。特にひとり立ちできるまではいろんな人の助けを借りなければいけません。海外からも援助も受けました。それまで今ある広島の姿を当たり前のように思っていましたが、そのマンガを読んで以来、広島に対する見方が変わってきて、広島
が戦後の街づくりで得た経験や技術をもっと必要とする海外諸国のために活かすべきではないか
と思うようになってきました。また私ももっと将来の世代のために残せることを築こうと思うようになりました。

実は2013年8月ガーナのケープコーストの世界遺産を見に行ったときに、同じことを改めて感じたことがありました。その時の様子を別のブログで綴っています。

私はたまたま広島県で生まれ育ちガーナと出会ったので、広島とガーナを対比して言いましたが、広く言えば日本とアフリカ。成熟国である日本がアフリカへ出ていくべき理由は、経済の面においては国内だけでは長期的には充分稼げない、アフリカの持つ経済成長の伸び白も言えますが、もう一つ、技術供与という成熟国家であることの責任を果たす必要性からです。